成功しているタクシー運転手のマーケティング力がすごかった話

ドライバー

「マーケティングなんて、よくわからない」
そういう人は多いのですが、実は、あなた自身がすでにマーケティングの実践者かもしれません。

マーケティングとは「売れる仕組みを作ること」。もう少し詳しくいえば、「今よりも簡単に利益を生み出す作戦を立てて、実行すること」は、マーケティングの範疇に入ります。

大企業のマーケティング部門で働いている人だけが、マーケティングの実践者ではないのです。

マーケティングを行う人のことを「マーケター」と呼びますが、数年前たまたま乗ったタクシーの運転手が、素晴らしいマーケターだったことがあります。

彼は、マーケティングの極意を独学で発見し、利益を生み出し続けていました。本記事では、その3つの極意をご紹介したいと思います。

極意1:他の人と違うことをする

その日、私は初めて訪れた地でイベントの参加を終え、帰ろうとしていました。

イベント会場前のタクシー乗り場や最寄り駅はひどく混雑していたため、隣の駅まで歩くことに。

しかし、歩き始めて後悔しました。あたりは真っ暗でひとけなく、なんだか怖い。そのうえ、この道が正解なのか確信を持てません。

今さら引き返すのも効率が悪い。できればタクシーを拾いたいけれど、こんなところに通るわけが……と思ったところに、何ともタイミングよく1台のタクシーが来たのです。

慌てて手を上げ、タクシーに乗り込んで行き先を告げた後、たわいのない会話が始まりました。

「ああ、乗れて良かったです。ここですぐタクシーに出会えるとは思ってもみませんでした」
そういう私に、運転手さんは茶目っ気たっぷりに笑って言いました。

「そうでしょう。私は、たくさんタクシーがいるところには、行かないんですよ。自分だけの穴場を見つけるのが好きで。いつも、他のタクシーがいないところにいるんです」

驚きました。すぐタクシーを拾えたのは、私の運が良かったのではなく、運転手さんが意図的に仕掛けたことだったのです。

これがマーケティング極意の1つめ、「他の人と違うことをする」です。

レッドオーシャン・ブルーオーシャン

マーケティング用語に、「レッドオーシャン・ブルーオーシャン」という言葉があります。

レッドオーシャンは競争が激しい血の海、ブルーオーシャンは競争がなく一人勝ちの海です。

イベント会場前のタクシー乗り場は、タクシーが長い列を作っていましたから、まさにレッドオーシャン。

私が乗ったタクシーの運転手さんは、あえてレッドオーシャンは避け、ブルーオーシャン(競争がない場所)に行くというマーケティングを行っていたというわけです。

極意2:お客さんのことを知り尽くす

「お客さん、○○駅まで歩こうとして、迷っていたでしょう」
運転手さんに言い当てられて、ドキッとしました。

「どうしてわかったんですか?」と聞くと、なんとこの運転手さん、休日は自分がお客としてタクシーに乗車し、お客さんの気持ちや行動を研究しているそう。

マーケティング極意の2つめ、「お客さんのことを知り尽くす」です。

「普通のタクシー運転手はタクシーに乗らないから、お客さんのこと、よくわかっていないんですよ」 「でも例えば、2千円でタクシー乗ってお客さんのことわかって、2万円のお客さん乗せたら、10倍でしょ」 「パチンコに2千円使っても、なかなか10倍になんてならないから」

マーケティングリサーチと顧客理解

運転手さんが行っていたことは、まさに、マーケティングリサーチを行って、顧客理解を深めるマーケティングに他なりません。

“マーケティングリサーチ”といっても難しいことはまったくありません。「お客さんの気持ちや行動がわかる」ようになれるなら、どんなやり方でも良いのです。

この運転手さんは、「自分自身がタクシーに乗ってお客さんになる」ことで、マーケティングリサーチをしていたのでした。

費用対効果

しかも、「2千円の費用をかけても、その成果として2万円の売上を上げれば元が取れる」といった具合に、費用対効果(コストパフォーマンス)まで考慮しています。

マーケティング活動を行ううえで、費用対効果の計算は欠かせません。

費用対効果を考えていないと、かかる費用がもったいなく感じてお金を出し渋ったり、逆に無駄なお金を使いすぎてしまう原因となるからです。

極意3:自分なりの改善を続ける

「たくさん工夫をされていて、本当にすごいですね……!」
話を聞くうちに、すっかり魅了された私は、感嘆のため息をつきました。

運転手さんは「凝り性なもので」と照れたように笑い、こう教えてくれました。

「自分でタクシーに乗ってみたり、お客さんを乗せたりしていると、いろいろな発見があるんですよ。こうしたらもっと良いかもしれない、とひらめく」 「ひらめいたら、すぐ試してみるんです。試して良かったら続けるし、良くなければ改善する」 「毎日が、その繰り返しですね」

マーケティング極意の3つめは、「自分なりの改善を続ける」です。これは「PDCA」という手法に酷似しています。

PDCA

PDCAとは、マーケティングの実践によく使われる、「PLAN→DO→CHECK→ACTION」の4ステップからなるサイクルです。

計画や作戦、仮説を立てて実行したら、その結果が良かったのか?悪かったのか?をチェックします。

チェックした結果を踏まえて改善し、また次の作戦を立てて実行し……とサイクルを繰り返していくことで、どんどん良くなっていく。これがPDCAです。

成功することより大事なのが「評価→改善」

PDCAで大切なのは、「DO(実行)」で成功することではありません。

成功よりも大切なのが「CHECK(評価)→ACTION(改善)」のステップです。

CHECK(評価)のステップですべきことは、「成功か、失敗か」を判断し、成功した場合はなぜ成功したのか?失敗した場合はなぜ失敗したのか?を明らかにすること。

明らかになった原因をACTIONのステップで改善し、次の作戦へつなげていきます。

「CHECK(評価)→ACTION(改善)」のステップさえ飛ばさなければ、「DO(実行)」で失敗しても問題ではありません。

PDCAサイクルでは、失敗は必ず成功のもとになる仕組みになっているからです。

さいごに

ここまで3つの極意をお伝えしてきました。

極意1:他の人と違うことをする
極意2:お客さんのことを知り尽くす
極意3:自分なりの改善を続ける

これらを押さえるだけでも、マーケティング力は格段にアップします。マーケティング力が高まれば、以下を実感できるはずです。

  • 喜んでくれるお客様が増える
  • 今までよりも少ない労力で売上が上がる
  • マーケティングの力を使っていない競争相手に勝てる
  • うまくいくから仕事が楽しくなる

マーケティングには何百年もの歴史があり、先人たちが編み出した法則や戦略がたくさんあります。興味があれば、ぜひ書籍などでも学んでみてください。

もしマーケティングに取り組む人の少ない業界で働いているとしたら、マーケティングを学ぶだけで勝ちやすくなります。なぜなら、「極意1:他の人と違うことをする」に該当するからです。

マーケティングを活用して、ラクに楽しく働いてみませんか。今までとは違った世界が見えてくるはずです。

三島つむぎ
ベンチャー企業でマーケティングや組織づくりに従事。商品開発やブランド立ち上げなどの経験を活かしてライターとしても活動中。

 

働きやすい職場認証制度とは?

 

「働きやすい職場認証制度」は、自動車運送事業者(トラック・バス・タクシー事業)の運転者の労働条件や労働環境を第三者機関が評価・認証する制度です。

 

[1]法令遵守等、[2]労働時間・休日、[3]心身の健康、[4]安心・安定、[5]多様な人材の確保・育成の5分野について、基本的な取組み要件を満たした事業者だけが認証されるので、当制度の認証マークを取得している企業はドライバーとして安心して働きやすい環境づくりに取り組んでいると言えます。ドライバーへの就職や転職を考えているひとはぜひ参考にしてみてください。

働きやすい職場認証制度
オフィシャルサイト
「働きやすい職場認証制度」認証マーク

「働きやすい職場認証制度」
認証マーク

関連記事

関連リンク

TOP